Blog

Jeep JLカスタム化記録 その2

 さて、今回はJLカスタム化記録2日目の様子を書いていきます。この日は天候にも恵まれ、ポカポカ陽気の中での作業となりました。


・ルーフ取り外し

 今後の作業のために、ルーフを一度取り外しました。JLのルーフは前後ともに外せる仕様になっており、ボルトを取るだけで簡単に取り外すことができます。

・ドロワー取り付け

 トランクルームにARBのドロワーを取り付けていきます。スライド式なので、奥に積んであるものも簡単に取り出すことができ、車内空間を有効に使えます。また、随所に採用されているローラーベアリングによって、頑丈な構造とスムーズな使用感を生み出しています。


 私達スタッフが英語の説明書に目を通している間に、CDPシズオカさんは慣れた手つきであっという間に取り付けてしまいました。

・シュノーケル取り付け

 一日目で切り取った部分に、シュノーケルのガードをリベット固定します。その後、ボンネットを開けて吸気部分を取り外し、シュノーケルの位置を調整していきます。さらに、シュノーケルの形に合うように吸気部分を加工していきます。こういった加工技術の高さには、さすが職人だと感心しました。





  無事にシュノーケルの取り付けが完了しました!シュノーケルが付くと、車の印象がガラッと

かわりますね。引き締まったように感じます。

・試走会の様子

 せっかくルーフを外しシュノーケルも付いたということで、CDPシズオカさんから程近いところにある河原で試走をしてきました。


 運転席横のシュノーケル吸入口から迫力ある吸気音が聞こえ、私達スタッフはもう大興奮でした(笑)


 ゴツゴツとした石が敷き詰められた河原でしたが、そうとは思えないくらい快適な乗り心地で、BP-51の衝撃吸収性能のすばらしさをじかに感じられました。

・ルーフラック取り付け

 試走会から戻った後は、ルーフラックを取り付けていきました。固定用のパーツをルーフ等に取り付けるのですが、ここでもやはり、躊躇なくルーフに穴を開けていきます(笑)


 無事ルーフラックも取り付け完了!・・・したのですが、今回取り付けたフラットタイプのルーフラック、何だか迫力がない。


 と、いうことで・・・

 ゲージ型のルーフラックに付け替えました!

 

 ゲージ型の在庫をお持ちだったことは、大変ラッキーでした。CDPシズオカさんの、即断即決、即行動には脱帽です。さらに、キャンペーンのサイドオーニングまで取り付けていただきました。

 以上二日間に渡ってカスタムしていただきました。ただし、まだまだ取り付ける部品は多数ある

ため、JLは一旦お預けして私たちは帰途につきました。今後のカスタムがとても楽しみです!この

ブログも随時更新していきますので、よろしくお願いします!

この記事のURL

Jeep JLカスタム化記録 その1

 2020年2月某日、アウトバックの新たなデモカー、JEEP JL WRANGLERのカスタマイズのために、CDPシズオカさんを訪れました。今回二日間の日程で、できる限りのフルカスタムをしていただきました!

(JLのカスタムは初めてとのことでしたが、迅速で丁寧な対応・・・ありがとうございます)


・ARBデフカバーの取り付け

  純正デフカバーをARB製のものに交換しました。見比べてみると、カバーの厚さの違いが一目瞭

 然、ARB製の頑丈さが伝わってきます。赤いカラーもよく目立ちますね。リア、フロントそれぞれを

 交換していただきました。

・サスペンション交換、BP-51ショック取り付け

  JLの足回りには、①コイルサスペンション、②サスペンションアーム、③BP-51ショック

 アブソーバーも取り付けてもらい、まさにフル装備に仕上げていただきました。初めての取り付け

 かつ説明書もない中で、細かい調整を繰り返しリア、フロント共に取り付けてくださいました。

・シュノーケル取り付け準備

  シュノーケルを取り付けるための穴を、ボンネットに豪快に開けて

 いきます(笑)私たちスタッフも、固唾を飲んで見守っていました。

 穴が開け終わり、シュノーケル本体の取り付けは翌日ということに

 なりました。2枚目の写真は切り取ったボンネットの一部です。


 

 一日目は以上の工程で取り付けをしていただきました。次回は二日目の様子をお届けしていきます。



この記事のURL

アウトバック : オールドマン・エミュー・ステアリングダンパー JKジープ用発売開始

このたびARB社から、JKラングラー用のステアリングダンパーを、日本マーケットでも正式に発売します。

装着テストをしてくだっさった”みん友のTIGER-PACKAGEさん”、ありがとうございました。


ARB・オールドマンエミュー(OME)・ステアリングダンパーは、従来からランクルやサファリ系には好評で、おかげ様で今までに、日本国内で3000本以上もの装着実績を頂き、ありがとうございますm(_ _)m


今回、そのOMEステアリングダンパー・ラインナップに、JKラングラー用が追加となります。


オン・オフロードを問わず、走行中に突然ハンドルを取られる事を、 キックバック と呼びます。

特にオフロード走行中では、突然の強力なキックバックによって、指・手首を骨折してしまうこともあります。

オンロード走行中に、路面の段差、キャッツアイを踏んでしまってキックバックが発生し、ハンドルを取られて危険だったというご経験はないでしょうか?

とりわけオーストラリアのように、何千キロもの洗濯板状の路面が続くダートロードを走り続けるためには、しっかりとしたステアリングダンパーが、キックバックを防いでくれなければなりません。

それが、ステアリングダンパーの役割です。 

オールドマンエミュー・ステアリングダンパーは、ARB社によって設計・開発された純正交換タイプの大容量タイプのオイルダンパーを使用しています。


バルビング設定は 50:50として伸び縮みを均一にし、ステアリングの違和感をなくしています。
通常のステアリング操作では、ゆっくり抵抗少ないストロークをします。
一旦大きく、急激な外力を受けた際は、大容量の利点を生かし、外力をシッカリと受けとめて、ステアリングを極力取られない様な設計となっています。 
また、通常のハンドル操作の低速ストロークでは、抵抗が少ない設計にすることでパワーステアリングの負担を軽くし、パワーステアリングポンプの耐久性に寄与しています。
オールドエミュー・ステアリングダンパーは、大きな入力も耐え受ける性質上、
「純正の取り付け位置以外に最適な位置は無い」 と考えて、
純正交換タイプのステアリングダンパーを採用しています。


定価 13125円  
全国の4x4ショップさん、自動車関連販売店でお求め頂けます。

この記事のURL

アウトバック : オールドマン・エミュー・ステアリングダンパー JKジープ用

二日連続で申し訳ございませんが、本日もJKジープの新製品のトピックです。

新製品と言っても 日本仕様のJKでの装着実績はまだ無いので 仕事繋がりでもあり、みんカラのお友達でもあるTiger-Packageさんに この最初に入って来た一本をお送りして、装着確認をしていただくお願いを致しました。

従来型のオールドマン・エニュー・ステアリングダンパーだと、ストーンガードはスチール製ですが、この車種に関しては ラバー製のジャバラを採用しています。 (クリアランスの関係かと推測します。)
オールドマン・エニューのステアリングダンパーは 基本的には純正取替えタイプで、純正のステアリングダンパーを外し、純正ステーをそのまま使用する設計になってます。
このデフカバーとのクリアランスも気になります。

日本仕様にも問題なく装着できる様であれば、正式販売を開始します。

お手数ですが、Tiger-Packageさん、テストの方、よろしくお願いいたします m(_ _)m

この記事のURL

アウトバック : JK用アンダーガード

ARB社より ジープJK用の新製品を近々リリースする連絡がありました。
最近、ARB社では 一般的にアンダーガードと呼ばれている商品を UVP(under Vehicle Protection)というカテゴリーで新製品として開発してきています。
残念ながら、現行LC70、現行ハイラックスや、日産ピックアップなどの日本では現在販売されていない車両用なので 日本国内向けには正式公開していませんでした。
しかしながら、JEEP・JKシリーズ用にもUVP製品ラインナップを展開するようなので、正式発売前のニュース・リリースを公開いたします。
フロント部分
出来るだけ多くのアフターマーケットサスペンションや、ロングアームに対応し、オイルパンとトランスミッション系を出来る限りカバーできるような形状になっています。
また、フロントの部分の形状は ステアリング系に影響が及ばないように設計され、エンジンマウント間に新たにクロスメンバーを設け取り付ける、頑丈な構造となってます。
今の所、3.8リッターエンジン用を最初に開発していますが、将来は 3.6リッターV6エンジン用も追加予定となってます。
リア部分
ジープ・JKシリーズの燃料供給系チャコールキャニスターが、ボディー下に出ているのをカバーするためのリアガードも製作しています。
アンダーガードの宿命とも言えますが、アンダーガードがダメージを受けた後の取り外し易さにも注意を払っています。
ダメージを受けた後も 出来るだけ取り外し易いように ボルト位置、形状を考えて設計されています。
材質は3mm厚のスチール製で レーザーカッターでカットしてあります。
色は、シルバー系でパウダーコーティングを施しています。
まだ、実物の製品を見たことが無い状況のなか、ARB社からのリリースを直訳気味に書いてみましたので 解り難いかも知れませんが、ご容赦ください。
追加商品情報を入手しだい、報告いたします。

この記事のURL

ページトップへ