Blog

メルセデス AMG G63 オールドマンエミューサスを装着

NEW
前記事の続きです。

新デモカーのメルセデスベンツAMG G63 に、オールドマンエミュー・サスペンションを装着した時の写真をアップいたします。
今回、Gクラス用オールドマンエミューサスペンションシステムの、デモカーへの取り付け作業をお願いさせて頂いたのは、Gクラスの足回りチューニングでは定評のある、横須賀のハイドアウトさんです!

Gクラス用オールドマンエミューには、設定車重により、フロントは2種類のコイルスプリングがあります。
その両方のコイルを装着して試乗を繰り返し、ベストマッチングする方を選んで頂きました。

一方のフロントコイルセットを装着して、車高の変化やキャスター角、ラテラルの調整をしてテスト走行、 そして脱着して、別の設定のコイルセットの装着、ラテラルの設定、テスト走行・・・と、大変手のかかるセッティングにもかかわらず、快諾してくださいました。

大変ありがとうございますm(_ _ )m


フロント (約40mmアップです)
リア (約60mm アップです)
ショックの長さが ノーマルに比べて4-5cm長いですねー!



リフトアップに対応するために、キャスターアレンジメントで、フロントリーディングアームのブッシュを交換してキャスター角を変換(4個一組の設計です)

これの装着には、特殊な治具が必要(画像の右側にチラッと見えます)で、これを持っていらっしゃるところからして、さすが、Gの足回りのスペシャリストですね!



そしてそして、昨日は・・・、


かねてから、Gクラス用のARBルーフラックを見たいと仰っていた大田区のリンエイさんへ、時間が有ったのでお寄りしてきました。

せっかくなので、ルーフラックなどをお見せするついでに、Gのオーナーであるリンエイ社長様に、このオールドマンエミューサスペンションを装着したG63を試乗して頂きました。

ご感想によりますと、G63ノーマルのごつごつ感がなくなり、ショックがしっかりと振動を吸収しているとのお言葉を頂きましたm(_ _ )m


実は私も、全く同じ感想を持っていて、オールドマンエミューの新型ショックが、コイルの振動をしっかりと押さえていると実感していました。

このショックのポテンシャルが高いのでしょうねー!

リンエイ社長様はじめスタッフの皆様、貴重なお時間をありがとうございましたm(_ _ )m



今までのノーマルのG63だと、我が社のオールドマンエミューサスペンションを装着した再販LC76よりも乗り心地が悪くて、日常的に運転するなら、 LC76を自然と選んでいたのですが、今回のG63の足回りをチューニング後は、G63の運転の快適さとパワー、それとエンジンの咆哮を楽しめる、AMG  G63を選んで乗る機会が増えたような気がします。


おっと・・・、大切な価格について書き忘れていました。

OMEコイルスプリング 1台分       65000円 (税別)
OMEショック 1本              14500円 (税別)
キャスターアレンジメント(4個1組)     24000円 (税別)


購入をご検討されたいお客様は、当社とお取引のある4X4プロショップ様へ、ぜひお問合せください。

この記事のURL

新デモカーをアップします。

NEW

弊社に 新しいデモカーが追加されましたので写真をアップします。

 

ベースは メルセデス AMG G63 2016年式ゲレンデワーゲンです。

ノーマルのイメージから、かなり変わったと思います。
思い描いていたイメージのとおりになるまで、苦労した所がたくさんあります。

特に足回り、 これに関しては Gの足回りチューニングの得意な 神奈川県横須賀市にある 老舗の4x4ショップのハイドアウトさんにお願いして調整して頂きました。ありがとうございます。

そして、さらに色々なアドバイスを頂けたのは、ARB社製パーツ及び、ARB社のヨーロッパ・ディストリビューターである、ゲレンデワーゲンのスペシャリストさん達です、 今回 この車を通して いろいろARB社との取引ある横の関係を築けたことは 弊社にとっても財産となりました。


そういう感じで、ARB社パーツと、弊社オリジナル(Gスペシャリストさんと共同開発)のパーツをコラボしてみました。


だがしかし!

デモカーは、これで完成ではありません。


これからも進化します!

今回、装着できなかったパーツも沢山あるのですが、今回は現段階で完成したところまで、お見せします。

今後 弊社ホームページでも、車両の詳細をアップしていきます。  

装着部品一覧

オールドマンエミューサスペンションキット

    (コイル、ショックアブソーバー、キャスターアレンジメント)

ARBルーフラック 2200x1250mm アルミ製 メッシュ床付

ARBサイドAWNING

グリルガード (商品化の予定なし)

リアラダー

フロントスキッドプレート(ステンレス製)

本国AMG風2本出しマフラー

ヒッチメンバー





この記事のURL

サファリシュノーケルの粗悪模造品にご注意ください

近年、工業製品の模造品問題が取り上げられていますが、豪州ARB社、サファリ(旧ラクソン)社の製品などにも、模造品が現れ始めました。

これらの模造製品は、模造大国で有名な某国で生産されているようですが、ARB社やサファリ社の特許を無許可で使用しているどころか、機能や耐久性にも、著しい劣化が確認されています。

 

特に、インターネット上でのネット販売やオークションで、ARB・ラクソン社製品の模造品の販売があるとの情報を聞き及んでいますので、弊社製品にご興味ある方はご注意ください。


ご購入時の価格の安さに惑わされてしまいますと、後にメンテナンスや修理で大きな出費が必要になる危険性が高いです。

更に、下記データからも判りますように、サファリシュノーケルと模造品とでは、明らかな強度、耐久性の差があります。

サファリシュノーケルと模造品とでは、簡単に見分けがつきますので、強度・耐久性の疑わしいパーツを取り付けていては、その車の資産価値を下げてしまいます。

最悪、中古車の下取り時の査定が大幅に下落してしまいますので、ご注意ください。

サファリシュノーケルには、上記の写真のロゴマークか、もしくは、”SAFARI SNORKELS の文字が浮き出ています。

また、ヨーロッパ製の70系プラド用のシュノーケルには ”B.I.T SNORKEL” の文字が浮き出ています。

模造品は、ロゴや文字が無かったり、意味の無い楕円マークが、シュノーケルのボディーに浮き出ています。

豪州第3者検査機関・2社により、サファリシュノーケルと模造品シュノーケルの比較テストデータが、それぞれ公開されましたのでご紹介します。 


こちらが、英文報告書(サファリシュノーケルと模造品比較第3者報告書)となります


検査方法は、4.5kgの物体をサファリシュノーケルと模造品シュノーケルの上に落とし、どこで壊れるかを、高さと温度と共に計測しました。


結果   サファリシュノーケル      常温     2.7m

     模造品シュノーケル        常温      1.0m   (約3分の1の強度)


この結果の差は、気温を下げていくと顕著に差が開き、テスト機関での最低計測可能温度-18℃では、なんと、6分の1以下の強度になってしまいました。

結果   サファリシュノーケル     -18℃    2.5m 

        (サファリシュノーケルは温度による劣化はあまりありません)
      

       模造品シュノーケル      -18℃     0.4m 

        (低温では非常に脆くなります。 6分の1以下の強度))


上記の様に、気温が低くなればなるほど、強度の差が大きくなります。
冬場の高速道の走行時などの絶え間ない風圧での応力疲労を考えるますと、たいへん恐ろしい結果となりました。



最悪、走行時に壊れて吹き飛んで、他人を事故に巻き込んでしまう恐れがあります。




LC80用シュノーケルの耐久実験後の写真 (一番下がサファリシュノーケル、上2つは模造品)

また、顕微鏡写真から、模造品のシュノーケルには、サファリシュノーケルには見られない大量の不純物が混入している事が見て取れます。

これは、上記のように強度を著しく落とす要因となるどころか、対紫外線(UV)対策においても、非常に悪影響になります。

サファリシュノーケルは車両外装に装着される樹脂パーツなので、しっかりと紫外線対策を施さないと、急激に劣化してしまいます。

取り付け工数を考えても、数年でボロボロに劣化してしまうようでは、問題があります。

弊社では18年以上、サファリシュノーケルを販売しており、初期に販売されたシュノーケルを見る機会がありましたが、汚れを落とせば、依然として綺麗な状態にありました。


要約しますと:

模造品   低温化で本体に大きなクラックが発生

      材料に不純物が多い→紫外線等の対策が不十分で劣化しやすい


サファリシュノーケルの顕微鏡画像

模造品シュノーケルの顕微鏡写真

この記事のURL

エアロッカーの粗悪模造品にご注意くだいさい

近年、工業製品の模造品問題が取り上げられていますが、豪州ARB社、サファリ(旧ラクソン)社の製品などにも模造品が現れ始めました。

これら模造製品は、模造大国で有名な某国で生産されているようですが、ARB社やサファリ社の特許を無許可で使用しているどころか、機能、耐久性にも、著しい劣化が確認されています(下記リンク参照)


特に、インターネット上でのネット販売やオークションで、ARB・サファリ社製品の模造品の販売があるとの情報を聞き及んでいますので、弊社製品にご興味ある方はご注意ください。


ご購入時の価格の安さに惑わされてしまいますと、後にメンテナンスや修理で大きな出費が必要になる危険性が高いです。
また、模造品を購入したユーザー様から、正規スペアパーツ購入したいとのご相談はお受けかねます。 


今後、メーカーサイドで各国の正規代理店と協力して、全世界的に法的手段を検討しています。


すでにARB社では、模造品の耐久試験も行っており、その状況を動画サイトにて配信しています。

エアロッカー・・・ エアロッカーが壊れる前にドライブシャフトが壊れる

模造品 ・・・・・ ドライブシャフトが壊れる前にエアロッカー内が崩壊

              (部品の加工精度の悪さも紹介)


模造品エアロッカーは 不純物の多い低グレードのスチール材質に対して、更に低グレードの熱処理を施している為、耐久性が著しく悪い事が判明しています。

ARBエアロッカーのテストにおいては ARBエアロッカーが12000Mpa(メガパスカル)の耐久性に対して 模造品はわずか、約5分の1の250MPaでしかありませんでした。

耐久テスト後の模造品エアロッカーの写真



模造品のエアロッカーは、ARBエアロッカーでは考えられない低負荷で、上の写真のように、いとも簡単にデフケース本体、サイドギア、クロスシャフト、ピ ニオンギアが、破損してしまいました。 

これは、アクスルシャフトすら破断する前の遥か手前の低負荷で、デフ本体が割れてしまったり、デフ内部のギアが壊れてしまった残念な状態です。

また、切削表面も非常に荒く、これは性能の悪い加工機械しか使用していない事を意味します。

質の悪い機械加工しか施されていないため、模造品は製造誤差が大きくなり、リングギアの取り付け精度が悪かったり、デフ内部のサイドギア・ピニオンギアのバックラッシュが大きく、ノイジーである上に、瞬発トルクに対して非常に弱い特徴があります。


当然、異常磨耗も発生するので、デフ本体以外のパーツ にもダメージを与えます。

ARBエアロッカー

模造品

明らかにギアの加工精度、表面処理が違います。


怪情報にもご注意。

最近、お客様より問い合わせで ”AIRLOCKERと模造品は同じ工場で作られている”、”模造品のパーツの一部はARBより供給されている” との情報がネット上で発言されているとの報告を受けましたが、ARBでは模造品に対して、一切関わりはございません。


今後、この様な庇護流言を流布するソースを 特定できましたら、法的な対処をとる事にいたします。

この記事のURL

ARB インフレーションバッグ

NEW
ARB社からの新製品情報です!

ARB社は以前から、タイヤ空気圧調整用のギアを発売しており、その頂点は「ポータブルツインコンプレッサー」で、コンプレッサーと共に使用する道具も、沢山リリースしています。

タイヤの空気圧を素早く抜くことができる特許構造の「ARB EZ-デフレーター」、
そして、タイヤ圧をチェックしながら、コンプレッサーでタイヤのバルブに空気を入れられる「ARBゲージ付きインフレーター」。

他にも、延長ホース」や低圧用の「精密タイヤエアゲージとか、埃を飛ばせるエアガンなど・・・、
いろんな機材があります。

今回のARB新製品は これらの小物類をすっきり整理して一緒に持ち出せるという優れもの、専用バックになっております。
(バックと小物類はそれぞれ別売です)

以下は ARB社の説明文章です。


----------------------------------------


クロカン時において、タイヤの空気圧管理は基本中の基本で、まずはタイヤの空気圧の調整から始めなければなりません。

ARB社では オフロード走行でのタイヤの空気圧調整の重要性を知るがゆえに、ポータブルツインコンプレッサー、ARB・E-Zデフレーター等をマーケットにリリースしてきました。

この関連で、エア圧調整キットをきれいに整理整頓可能な、ARBインフレーションバッグを発売開始しました。


エア圧管理ツールを整理整頓することで クロカン時にも素早くツールの取り出しを可能にしました。


----------------------------------------
(説明文章 終わり)




価格は 4900円 (税別)となっております。


そして 先日も報告しましたが、
株式会社アウトバックのホームページ・リニューアル中です

これを記念して、

 HPリニューアルキャンペーンも致します!



内容はまだお話しできないのですが、皆様があっと驚くような企画を進めていますので、ご期待ください!!



そしてそして・・・・、

今後は みんカラブログから自社のホームページ内のブログへと、徐々に移行していきますので、ブックマークのご変更を、お手数ですがお願い致します。


新ブログから、リニューアルキャンペーンの内容をいち早く入手してください。
弊社リニューアルホームページを、どうぞよろしくお願い申し上げます。

この記事のURL

ページトップへ